Tea For Two

nashiriko.exblog.jp ブログトップ

挨拶

こちらのブログは、終了しております。

b0151913_2002734.jpg


ありがとうございました。



                   nashiriko
[PR]
# by nashiriko | 2010-06-15 20:02 | その他

最後の朝  in Norway

旅立ちの朝を迎えています。
夫婦共々、少々二日酔いです・・・。
カーテンを開けると、真っ青な空!遠くに見える山にはまだ雪が残り・・・
b0151913_16235425.jpg
ホテルの前を通るトラムの音も、今朝はなんだか「愛おしい音」として響き・・・

朝ご飯。
b0151913_16283178.jpg
ノルウェーサーモンも食べおさめ。 クネッケブロード(と、呼ぶらしい)のセサミ味、初めて食べたけれど、香ばしくて美味しい。スーパーに寄って買って帰ろうかしら?

友人の車で連れて行ってもらったアンティークマーケットでの、最後の戦利品。
b0151913_16304392.jpg
このハーダンガー刺繍、なんと10クローネ(150円)だった。 最後の最後、魅惑プライス、ありがとう♪

これから、会社へ挨拶に行き、お昼の便で帰国します。
思い残すこともないし、悔いもありません。
強いて言うとすれば・・・この雲が見たかった!   ↓↓↓
b0151913_163553100.jpg
例年、今ぐらいの時期に見ることが出来る「真珠雲」。 残念ながら、肉眼でみることが出来なかったので。
(画像は、ノルウェーの某サイトより)

王宮脇の植え込みには、ノルウェーの春を告げる、青い小花の蕾が膨らんでいました。
ノルウェーの春も、もうすぐそこです。

また、いつかいつか、戻ってきます♪   素敵な思い出をありがとう。

the last message from NORWAY
                       
                         nashiriko
[PR]
# by nashiriko | 2009-04-01 16:46 | ノルウェー暮らし

お茶だけじゃもったいない! FORTNUM&MAISON

 イギリスと言えば、「紅茶」の国。
FORTNUM&MAISONは、300年の歴史を持つ、イギリスの代表的お茶ブランド!
店構えも、どっしり歴史を感じさせる、実にイギリスらしい建物です。
b0151913_15433029.jpg

ただ、勿体ないことに、ここでお茶を買う人は沢山いるものの、上の階をゆっくり見たことがないと言う人が多いので、ぜひともご紹介させて頂きたく存じますの!?
まずは、ここ中2階みたいな場所にティールームがありますが、お時間があるなら、ぜひ上階のレストランの方へ! 数年前にちょっと改装したみたいで、開放的なスペースになっています。お食事に加え、もちろんアフタヌーンティーが楽しめます。 30ポンドぐらいだったかな。
b0151913_1548468.jpg
ここで送別会などをやってる日本人女子グループをたまに見かけます。

さて、まず0階は、各種お茶とスウィーツなど。 地下は主に食材とワインバー。
b0151913_15572018.jpg
チョコレート売り場のイースターエッグデコレーション。、あら、お洒落だこと!
ほとんどのお茶は、日本でも買えますし、空港にも沢山売られています。近頃の流行は、グリーンティーやホワイトティーや中国茶をベースにしたフレイバーティー。
私のお気に入りは、「エルダーフラワーグリーンティー」です。 優しい味がします。 エルダーフラワーは、インフュージョン(ハーブティー)タイプもあるけれど、私的にはグリーンティーベースのものが美味に思う。そして、これ、空港では売られていないので、レアなものか、と。

続いて、上階へ行くと・・・
b0151913_1605869.jpg
え、マカロンのケーキ? いえいえ、これ、全部キャンドルでございました。 フランスメーカーのものみたいです。 キュ~ト~♪

お茶関連グッズもオリジナルのものが揃いますよ。
b0151913_1611581.jpg
ティーコゼ、実際はほとんど使わないけど(笑)、一つは欲しいのよね。
b0151913_162157.jpg
↑F&Mのテーマカラーでもあるミントグリーン色の陶器ティーストレナーは、あのHERENDとF&Mのコラボ商品。すごく欲しかったけれど、ちと高い。残念。
更に上の階へ進むと、
b0151913_1642159.jpg
↑こういうものに、めちゃめちゃ弱い私。 フレグランスピローに、フレグランスサシェ。 聞けば、ほとんどフランスのものだと言う、やっぱりね!!! 
いくつかお土産と自分用に購入。

赤い絨毯にシャンデリア、美しいイギリス英語を話す店員さん。 つかの間のマダム気分になれる場所。
Harrodsもいいけれど、Fortnum&Maison・・・イギリス上流階級の雰囲気を手っ取り早く感じられる場所かもしれません。 

         ~ Would you like cup of tea, Madam? ~

追記 F&Mの建物の斜め前ぐらいにラデュレがあります。 しかし、店員さんの高ピーな態度にムカっとします・・・。
[PR]
# by nashiriko | 2009-04-01 16:20 | イギリスメモリー

London アンティークマーケット

あ、まだオスロにおります・・・。
ホテルにて一人暇していますので、ブログ更新しちゃいます。 はは。
先週でかけた最後のロンドン里帰り旅行?から、アンティークマーケットネタです!

ロンドンの最大規模アンティークマーケットといえば、土曜日の「ポートベロー」
でも、ここはいつもものすごい人ごみで、探し物があったとしても、容易には見つからない。もし[狙っているもの」があるのであれば、朝8時には現地入りすることをお薦めします。
そこで、もう少し穴場的なマーケットをご紹介。

一つは、月曜日の「ジュビリーマーケット」
b0151913_6574216.jpg
元、青果市場だった「アップルマーケット」のさらに奥、この場所に月曜日のみアンティークのストールが並びます。 私は、ここでアクセサリー類をよく買ったものでした。 5ポンド~15ポンドぐらいで、結構いいものがあったりしますよ。この日は、こんなストールが・・・
b0151913_722765.jpg
ウェッジウッド(破綻しましたね~)やプチポワンのガラスシリーズ。 私が以前ここで購入したものは、  こちら 。
イギリスらしいアンティークの数々です。
カップをお探しの方は、このへんはいかが?
b0151913_74527.jpg
様々なメーカーのトリオカップが10ポンド均一ですって。
ここのマーケットの名物おじさんパトリックの持ってくる「お宝」を目当てに、朝から待っている人もいますよ。多分、マーケット中央あたりに人だかりがあると思うので、すぐわかるでしょう。 

「Jubilee market 」 月曜日のみ開催
最寄駅 coventgarden

二つめは、旅行者にはちょっと行きにくい場所ですが、品揃えのよい「アルフィーズ」
b0151913_773988.jpg
家具から古着、古本、もちろん陶磁器にシルバー・・・古い建物に小さなお店が数十店舗入っています。
今回は、ここでずっと欲しかったAynsleyのティーカップをGETできました。これについては、そのうちブログアップするとして、まずは、日本人に熱狂的コレクターが多い、スージークーパー。
b0151913_715828.jpg
↑一番人気の「パトリシアローズ」に加え、「ガーデニアシリーズ」もありましたよ。↓
b0151913_7184042.jpg

美しいアンティークのリボンやタッセル・・・
b0151913_721354.jpg

さらには、北欧ものも・・・
b0151913_7215457.jpg
オスロのマーケットでもお馴染み、Nymolleのマンスリープレート(ウィンブラッド デザイン)も12ヶ月すべてそろって、185ポンド。

この他、シルバー製品も、さすがイギリス!状態のよい美しいものが沢山揃います。お値段もピンキリ。値切り交渉も忘れずに・・・。

「Alfies 」 火曜日から土曜日オープン
最寄駅 Marylebone   HPは、 こちら

「アンティーク」の本場イギリス・・・皆様にも素敵な出会いがあります様に!
[PR]
# by nashiriko | 2009-03-31 07:43 | アンティーク

NORWAY暮らしが終了です。

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
# by nashiriko | 2009-03-28 01:19 | 住 インテリア&小物

Cath Kidston & Green gate

引越し作業の忙しい中、ロンドンへ2泊3日お出かけしてきました。 
もうイギリスの口座には7ポンドしか残っておらず(笑)、大きなお買い物は一つもしていませんよ。   アンティークのティーカップを1客だけね、これ内緒。
お土産買いが中心です・・・。

さて、「イギリス土産」って、どんなものを思い浮かべます?
もちろん、ノルウェーに比べれば、何でもある国ですよ、エゲレス!!!
でも、いざ日本向けに何か買おうと思うと、なかなかこれというものが思い当たらず。 だって、日本は何でもあるし。紅茶も特別なものは、あまりない。
王室一家のカレンダーとか? ←いらないし。
無難なところで、女子向けに、「Cath Kidston」かなぁ?
b0151913_1901349.jpg

正直言って、キャスは、あまり好みのテイストではないのですが、 とりあえず、ここで数点お土産をGET!
b0151913_1925142.jpg

このメリルボーンハイストリートにあるお店には、100%日本人のお客さんがいます!!!
どういうわけか日本人に絶大な人気を持つキャスグッズ。 小花柄と水玉模様。キッチュな感じが女子心をくすぐる・・・みたいです。
b0151913_1954284.jpg


ところで、ここノルウェーで、このキャスにそっくりなブランドを見つけました。
その名は、「Green gate」 デンマークメーカーですって。
b0151913_1985399.jpg

ね、キャスとよく似てると思いませんか? やはり、小花柄と水玉です。
b0151913_1991710.jpg

キャスが好きなら、きっとこのグリーンゲートも好きなハズ!
b0151913_19111131.jpg

小物だけ見たら、キャスなのかグリーンゲートなのか、私にはサッパリ・・・。

カワユイとは思いますよ、えぇ。 あと10歳ぐらいヤンガーだったら、きっと手を出していたでしょう・・・。水玉のマグとおそろいのスプーンなんて、買っちゃっていたでしょう。
でも、さすがに、この歳ではねぇ・・・せいぜい小花柄のペーパーナプキンぐらいにしておかないと。ちなみに、このGreen gate のHPは、 こちら  です。

ということで、引越し前の息抜きブログテーマでございました。
明日で、いったんブログをお休みします。
最後のテーマは、何にしようかなぁ・・・?
[PR]
# by nashiriko | 2009-03-26 19:29 | 趣味&お気に入り

カフェで過ごす時間

本帰国の日まであとわずか・・・。

ノルウェーを去るにあたり、一番寂しいと思うのは、「カフェで過ごす時間」を持てなくなるという事。 あーもちろん、日本に素敵で美味しくて色々なタイプのカフェが沢山あることは知っていますよ。 でも、違うの! 空気が違う。 居心地が違う。 お水のせいか、コーヒーの味も違う。  なんというか、カフェで異国情緒を味わえるわけで。
b0151913_17221028.jpg
 
覚えたてのコーヒーに、キャラメルシロップを入れて、必ず置いてあるインテリアマガジンをパラパラめくる。動く人形みたいな美しい北欧の子供達を、ぼぉーっと眺めて過ごす時間。なんという事もない、この時間が好きだった。とっても愛おしいと思える時間。
b0151913_1723121.jpg

冬はアウトサイドでガスヒーターの灯りの下、毛布をひざ掛けに1杯のコーヒー。 
ノルウェー語のサウンドが、とても心地よい響きでBGM代わりとなり・・・
b0151913_1726368.jpg

一人でカフェに入るなんてこと、これまでほとんどなかったけれど、ノルウェーでは、とても日常の事。
インテリアや、カフェご飯の出し方も、さりげなくて、新鮮に映る。
b0151913_17284558.jpg

夜のカフェも素敵なの!
b0151913_17341827.jpg

あ~寂しい。
まだ、実感がないけれど、もしかしたら空港で涙が出ちゃうかもしれない。

刺激もないけど(笑) 煩わしい事も一切ない、「ノルウェー」という国での暮らし。
毎日をのんびり穏やかに暮らしていると、1杯のコーヒーの味も違って思えるのね、きっと。

さて、引越しラストスパート、今日は眠れずに作業となるでしょう・・・。
カフェ・・・行きたいっ。
[PR]
# by nashiriko | 2009-03-25 17:39 | ノルウェー暮らし

チビッ子、スキー大会

今週は、ずっとよいお天気。 
だいぶ春めいて、今日などは山の上でも7度ぐらいありました。
私たちの「ノルウェー暮らし」も、あと1週間ほど。
もうスキーをするチャンスはなさそうだけれど、とりあえず、山の景色だけでも、もう一度
見ておこう・・・と、カメラを持って、いざスキー場へ。(といっても、うちから車で20分!)
春のべちゃ雪でグットコンディションとは言いがたいものの、スキー場はすごい人。
こちらのゲレンデは、お子ちゃま仕様の、ゆる~い斜面。
b0151913_845309.jpg

おや、何やらポールなんかも立って、ゼッケンナンバーつけた子供たちが沢山いますねぇ。どうやら、何かの大会?をやっているみたいで・・・。
b0151913_8465397.jpg

しばらくして、その「大会」がスタート。
b0151913_8474338.jpg

それにしても、ずいぶん小さい子供の大会だこと!(推定3、4歳)
b0151913_848398.jpg

このぐらい小さい子は、誰一人ストックを持っていないのです。だけど、実にバランスよく上手に滑りますよ。関心しちゃう。 こんな小さいうちから、スキーの板はいているんだもん。上手くなるわけだ・・・。

こちら、順番待ちの選手たち・・・ちゃーんと「ハの字」でスタンバイ!
b0151913_852599.jpg

あのぉーこれはどういうこと? スキー場と不似合いな服装なんですけど?
b0151913_901670.jpg

お姫様もいれば、スパイダーマンもいて、動物になっちゃっている子もいますよ。
b0151913_8554216.jpg

え、なに、ハロウィンですか? 特に、この子の衣裳は、まったくもって理解不能 ↑。
かなーり、意味不明ではありますが、ともかく、「スキーの大会」みたいです。
ちゃんと放送もかかっていましたし。

ノルウェー人は、スキーの板をはいて生れてくる・・・と言われます。
ホント・・・かも。
[PR]
# by nashiriko | 2009-03-22 09:11 | ノルウェー暮らし

最後のアンティーク&ハーダンガー刺繍

先週の日曜日・・・最後のアンティークマーケットヘ出かける。
あぁ、なんか緊張するよ、最後だと思うと、感慨深いよ・・・。
物色・・・あんまり、ない。

ただ、この日は珍しく、布製品がやたらと置いてあったことが、救い?
狙いを切り替え、布方向へ。
物色・・・相変わらずのとっても魅力的なお値段で、ダンボールより数枚発掘。

この日の戦利品デス。
b0151913_16422728.jpg

ガラスのお皿も、安かったし。 まぁ、いいか・・・。 イヤラシイですが、お値段発表すると、
↑全部で、2000円ぐらい♪  

で、この日の一番の掘り出し物?と自ら思っているのが、こちらのテーブルセンター。
b0151913_16452291.jpg

ノルウェーの「ハーダンガー刺繍」というものが施されています。
Hardanger・・・そう、ハルダンゲルフィヨルドのある、そのHardangerです。
ここの地方の昔からの工芸技術がハーダンガー刺繍。
調べると、日本人の刺繍愛好家の間でも、まぁまぁ知られている技法のようで。
特徴は、穴があいていること!
ドイツの「ドロンワーク」に、似ています・・・。あちらは、先に布の糸を一部ぬいて、後から刺繍を施す様ですが、ハーダンガーの場合、先に刺繍をして、後から、布にはさみを入れてカットするみたい。
難しそうです・・・
b0151913_16504362.jpg
↑簡単なHOW TOがネットに掲載されていたので、見てみてください。

このハーダンガー刺繍、どういうわけか、オランダで暮らしていたとき、日本人の奥さんの間で結構ブームになっていたんですよね。(私は習ってないけど)
それが、ノルウェーのものだったなんて。(習っときゃ、よかった)

日本では、この刺繍を教えている先生も沢山いるみたいだから、教室に通ってみようかな?
とりあえず、図案本&初心者キットを買っておこう!
b0151913_1659644.jpg

でもね、マーケットで700円で完成品が売られていると思うと、
手が進まず・・・

ところで、紀香さん、離婚するんですか?
[PR]
# by nashiriko | 2009-03-20 17:02 | 趣味&お気に入り

春、ラララなご飯♪

本日も快晴のオスロ、屋根の雪もどっさり落ちて、もうつららは姿を消しました。
ワタクシは、ダンボールに囲まれて、ただ今めちゃくちゃな生活をしています。
引越しの日まで、あと9日です!
そんな中、「春のおもてなし」をしてくださったマダム。
b0151913_1295130.jpg

テーブルの中央で癒しのオーラを放ってくれている、春のフラワーアレンジ。
わぁ、この花器、ちょー好みですぅ。 アンティークショップで見つけられたものだそう。
ノルウェーでも、桃?小さな桜?と思われる小枝を、花屋さんで見つけることができます。
こうして、いけるのですね・・・  センスいい~~~♪♪♪

そして、次々でてくる、春ごはん。
b0151913_1342062.jpg

卵を裏ごして作られたというお花。 サトイモの揚げ物もほっこりするわ。
(あ、この器、ロイコペのエレメンツじゃありませんか!!! 素敵ぃー)
たくあんが入ったしゃきしゃきサラダ、鰹節いっぱいで、体に優しいサラダ・・・。

他にも、お赤飯まで炊いてくださって、お魚に煮物に・・・嬉しいよぉ。
「おもてなし」ってこういうことを言うんだと、再確認。  
見た目と味と手間隙・・・お料理上級者はスゴイな。

そして、別のマダムからは、こんな頂きものを。
b0151913_1393161.jpg

手作りの八つ橋です。 手作りってビックリですよ。
八つ橋なんて自分で作れるものなのですね?
だって、ここノルウェーですよ・・・。  美味しく頂きました、あっという間に残り2つ。

あ~幸せを感じるのと同時に、凹む私。

「器」ばっかりに夢中になって、全然料理作る腕がともなってないじゃん!
お料理を色々作るからこそ、器を持つ意味があるんですよね、ほんとは・・・。
情けない・・・。 というか、ヤバイ。

しかーし、
我が家の今晩のお献立は、一昨日作ったカレーの残りでカレーうどん。 
ザッツオール。 サラダでも・・・ダメだ、冷蔵庫の中、なーんもないもん。

帰国後は、心入れ替えますよ。  
でも、デパ地下あるんですよねぇ・・・   ふふふ。
[PR]
# by nashiriko | 2009-03-19 01:53 | 食 おうち&レストラン

Finlandメイドのヴィンテージ食器   ~ ARABIA ~

ノルウェーのアンティークマーケットでも、たまーに見つけることが出来るフィンランド、アラビア社の製品。
北欧ヴィンテージ好きな友人の間でも、一番人気があるメーカーかな。
とりわけ、日本人に根強い人気があるARABIA社。

「ARABIA」
1837年創業のフィンランド最大の陶磁器メーカー。現在は、イッタラ社の傘下。 
ヘルシンキに工場を持ち、現行のお皿なども、大人気。

まずは、友人のヴィンテージコレクションからご覧あれ。
Karelia シリーズ
b0151913_2272221.jpg

Airisto シリーズ
b0151913_2322321.jpg
↑この二つのシリーズ、ともに和食器の雰囲気がたっぷり。実際、和食を盛り付けたりしているそうだ。ともに、マーケットで破格の値段で手に入れたそうで。  いいなぁ・・・。

続いて、別の友人のコレクションから、
Ali シリーズ
b0151913_23352100.jpg
ネットオークション(ノルウェーのサイト)で落としたというこちらのシリーズ、「ブルー&ホワイト」のカラーコンビがすごく綺麗。
→ノルウェー語のネットオークション・・・さすが、ヴィンテージ上級者は、やることが違う!

「青」の色の美しさは、アラビアの特徴かもしれない。  (以下の写真は、ネットから)
Valencia シリーズ
b0151913_2381073.jpg

花柄の美しいこちらは、
Krokus シリーズ
b0151913_2392288.jpg

茶×白のアラビアらしいデザインのこちらは、
Faenza シリーズ
b0151913_2413798.jpg

冒頭のシリーズより、もっともっと和食器の雰囲気があるこちらは、
Ruska シリーズ
b0151913_2423639.jpg
どっしりした器がお好みの方はこのシリーズはいかが?
Kosmos シリーズ
b0151913_2432032.jpg

ヴィンテージ最後は、ARABIAといえば、こちら!
Paratiisi シリーズ
b0151913_2455270.jpg
特に、左のブラックパラティッシ・・・不思議なほどに日本人にものすごく人気がある。 ちなみに、アルファベットでParatiisiと検索しても、日本のサイトばかりズラーっとヒットしてくるほど。 ヴィンテージものだが、あまりの人気からか?復刻版を生産している。 ARABIAファクトリーへ出かける日本人も、お目当ては、このブラックパラティッシという人がほとんどとか? 

まだまだ、他にも色々なシリーズが揃うARABIAヴィンテージ。
私のお気に入りは、ライヤウォシッキネン デザインの 「エミリア」シリーズです!
興味のある方は、 こちら をどうぞ。 ノルウェーのマーケットでは、なかなか出逢えません(涙)

現在生産中のものにも、シンプルで素敵なものが沢山ありますよ。 
私も気になっている、KOKOシリーズ
b0151913_2565620.jpg
この茶のボールが欲しいなぁ・・・とワルダクミ♪
ま、日本でも買えそうなので、とりあえず、食器棚の様子を見てから・・・。

皆さんの「お気に入りARABIA」はどんなものですか?
                                              
 
[PR]
# by nashiriko | 2009-03-18 03:08 | キッチン&テーブルウェア

PENTIKで、小物を少々・・・

あぁぁぁぁぁ、また買ってしまった。 
いや、後悔しているわけじゃないんですよ。 高いもんじゃないし。
ただ、こういう小物を見つける度に「欲しい」と思う衝動をどうして抑えきれないのか、自分自身に呆れているわけです。
今、引越し荷物をまとめるのに、あまりにも、私のオモチャと小物関係が多くて、かな~りウンザリ気味。
それなのに、また荷物(しかも割れ物、そしてまた小物)を増やす様なことをしている。
病気です。 一応、自覚症状はありますが。
 
「PENTIK」
フィンランドメーカーの雑貨屋さんです。 オスロには、デパートの中に1店舗あるだけ。
でも、ここを覗くと、欲しいものがいつも何かしら見つかっちゃうのが、困りもの。
今回やっちゃったのは、こちら。
b0151913_1443737.jpg

イースターグッズです。 ずっと欲しいなぁ・・・と思っていた「ガラスの卵」で可愛いものを見つけてしまった。そして、グラデーションカラーの丸いキャンドルも。 
b0151913_1582860.jpg

グリーンと黄色の飾り物がわんさか。 かわいいぃぃぃ♪
だって、ほら、日本にはあまりイースターグッズって揃ってないですよね? 
仏教徒多いし。 イースター、あまり関係ないし。
これ買っちゃったから、「卵形の植木鉢」は買いません、はい、買いませんとも!

それからぁーもうひとつ、あ、ふたつ買っちゃったのぉ
b0151913_20494.jpg

↑同じシリーズで、ティーカップもあるのですが、今回はマグを。
結局、毎日何気に使うのは、C&Sじゃなくて、マグだから。
アカシアの木のスプーンも一緒に。
このELK柄のシリーズ・・・随分前から欲しいなと思っていたものですが、
↓このイニシャルマグもいいな、とちょっと悩んだのです。
b0151913_245474.jpg
結局、Nはあったけど、A(主人のイニシャル)が見つからず、やめました。 ←正解?

マグじゃなくて、ティーカップも、色々なバージョンがそろいます。
こちらは、フルーツをモチーフにしたシリーズ。
b0151913_26789.jpg

                              (画像は PENTIK HP より)
キリがありません。
この他にも、ウッドトレーや、ベビーグッズ、インテリア小物、ランタン・・・女子心をくすぐる北欧雑貨が色々揃うPENTIK ! うらやましいな、フィンランドに住んでいる人♪
日本にもショップ、出来ればいいのに・・・。
[PR]
# by nashiriko | 2009-03-17 02:20 | 趣味&お気に入り

タルティーヌが、好きなんです!

タルティーヌ・・・いわゆる、オープンサンドのことです。
どう考えても「タルティーヌ」って言った方が、美味しそうに聞こえるんだけど・・・。
ノルウェーを含め、北欧諸国のオープンサンドは、すごく美味しい。 
サーモンや海老のオープンサンド、空港でのフライト待ち時間に、いつも食べちゃう。

ところで、以前紹介した、近所のガラス張りのカフェ
ここの「タルティーヌ」も、なかなかイケルのですよ。

b0151913_442628.jpg
↑胚芽ブレッドの上に、セラーノハムとパルメザンチーズがたっぷり。 
b0151913_453118.jpg
↑こちらは、オーソドックスなモッツアレラとトマトのカプレーゼタルティーヌ。

しかし、「タルティーヌ」と言ったら、やっぱりおフランス♪ 
世界一有名なパン屋と言われる、パリの「ポワラーヌ」。  HPは、 こちら 。
b0151913_4114857.jpg

ここのカンパーニュパンを使った、タルティーヌ・・・絶品ですの☆
b0151913_4123274.jpg

ポワラーヌのすぐ横にある、カフェ「Cuisine de Bar」
15種類ぐらいあるメニューの中から選んだのは、アボガドクリーム+カニ & フォアグラペースト。
他にも、シンプルなチーズ&ハムとか、タラモペーストとか、ツナとか色々あります。
このタルティーヌとミニサラダとグラスワイン+コーヒーで、14ユーロぐらいだったかな。
グラスワインがついちゃうあたりが、やっぱりパリなのねぇ♪♪♪

「Cuisine de Bar」
8 rue de Cherche-Midi
75006 Paris

美味しすぎるってば!
[PR]
# by nashiriko | 2009-03-16 04:27 | 食 おうち&レストラン

Norwayメイドの食器 ~HADELAND~ + アンティーク

北欧のガラス製品・・・その多くは、OrreforsやKostabodaなどスウェーデンメーカーに集中している様ですが、あるんですよ、ノルウェーにも!
b0151913_2304156.jpg

「HADELAND」と申します。 どうぞ、お見知りおきを。
ガラス製造過程で大量の木材を燃やす事になるので、綺麗な水と森林の多い北欧の地方はガラス製造に最適な土地なんだそうですよ。  ふーん、メモメモ。

オスロから車で1時間ほどの場所に、HADELANDのガラス工場があります。
工場の中も見学でき、また、申し込めばガラス製品作りの工程を体験できます。(有料)
工場のほかにも、色々施設があって、ここの敷地結構広いのですよ!

b0151913_2351055.jpg

ファクトリーセールをしているお店、お土産やさん、キッチン雑貨のお店、レストラン・・・それに、おきまりの「B級品」を売る倉庫。 ここで私が買った↑のガラスのお皿もB級品。だから大きさがまちまち。でも破格の6枚1500円ぐらいでした。 夏には活躍してくれますよ、ガラスの器。

興味のある方は、こちら をどうぞ。 日曜日もオープンしているのが嬉しい。

オスロのお土産屋さんや、デパート、空港などにも、このHADELAND製品が売られているのですが、結構高いんですよね、残念ながら、気軽にお土産として買えるお値段ではありません。
素敵なものもあるんですけどね・・・
b0151913_2411312.jpg
b0151913_2411641.jpg
b0151913_2412279.jpg
(写真はすべてHPより)

そう、アンティークマーケットでも見かけます。
b0151913_2423368.jpg
↑これなら、買えるかも。    でも、あんまり欲しいのないな・・・。

しかしまぁ、マーケットではHADELANDに拘らずとも、「北欧ガラス」の素敵なものが、揃ってますからねぇー。  目移りしちゃう。
b0151913_2475591.jpg

b0151913_2481495.jpg
b0151913_2482877.jpg

アンティーク北欧ガラスって、独特な色とデザインなんですよね、これはファンが多いのも分かるわぁ。
さてさて、今週末は、私、最後のアンティークマーケットになるでしょう。
「気合」が違いますよ、今週は!  いい出会いがあります様に・・・。
[PR]
# by nashiriko | 2009-03-14 02:56 | キッチン&テーブルウェア

9th Anniversary

知人からメールをもらって、気がついた。
今日、私たち夫婦の「結婚記念日」だったらしい。  9回目の・・・。
すっかり、忘れていたわ。
もともと私、そんなに「記念日女」じゃないし。←そういう問題か?

b0151913_23492696.jpg

そうそう、9年前の今日、東京の某ホテルでウェディングしたんだった。
2人の想いがつまったウェディングになるはずが、主人の仕事仲間の単なる「飲み宴会」と化してしまった事・・・一生忘れません。

えぇえぇ、お陰様で、幸せに暮らしておりますとも!

さて、その結婚記念日の今日、主人は、仕事で外食。
私は、一人、春のお寿司でお祝い?します。
b0151913_23435527.jpg

「チューリップ寿司」ですって。
ご近所のマダムが作ってくださった巻き寿司。 なんてかわゆいのでしょう♪
私も、心を入れ替えて、こういうお料理の作れる「奥様」にならないと!
スウィート10目指して、頑張りマス。  
[PR]
# by nashiriko | 2009-03-12 23:57 | その他

オランダ、イギリス、ノルウェーでの暮らし・・・素敵な出会いの1ページをご紹介します→2009年4月、帰国しました。


by nashiriko
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite